ちょっと変な趣味

俺にはちょっと変な趣味があった。
その趣味と言うのが、夜中になると家の屋上に出て、そこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察することだ。
いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい。
遠くに見える大きな給水タンクとか、
酔っ払いを乗せて坂道を登っていくタクシーとか、
ぽつんと佇むまぶしい自動販売機なんかを見ていると妙にワクワクしてくる。


俺の家の西側には長い坂道があって、それがまっすぐ俺の家の方に向って下ってくる。
だから屋上から西側に目をやれば、その坂道の全体を正面から視界に納めることができるようになっていた。
ある日のいつもどおりの夜中に、その坂道の脇に設置されてる自動販売機を双眼鏡で見ながら「あ、大きな蛾が飛んでるな〜」なんて思っていた。
ふと、双眼鏡の視線を動かすと、坂道の一番上のほうから物凄い勢いで下ってくる奴がいた。
「なんだ?」と思って双眼鏡でよく見てみたら全裸でガリガリに痩せた子供みたいな奴が、
満面の笑みを浮かべながらこっちに手を振りつつ、猛スピードで走ってくる。
しかも、奴はあきらかにこっちの存在に気付いているし、俺と目も合いっぱなし。
ちょっとの間、呆気に取られて呆然と眺めていたけど、
なんだか凄くヤバイことになりそうな気がして、急いで階段を下りて家の中に逃げ込んだ。


ドアを閉めて、鍵をかけて「うわーどうしようどうしよう、なんだよあれ!!」って怯えていたら、
ズダダダダダダッって屋上への階段を上る音が響いてきた。
明らかに俺を探してる。
「凄いやばいことになっちゃったよ、どうしよう、まじで、なんだよあれ」って心の中でつぶやきながら、
声を潜めて物音を立てないように、リビングの真中でアイロン(武器)を両手で握って構えてた。
しばらくしたら、今度は階段をズダダダダッって下るもの凄い音。
あまりの恐怖で、もうバカになりそうなくらいガタガタ震えていたら、
次は、ドアをダンダンダンダンダンダン!!って叩いて、チャイムをピンポンピンポン!ピポポン!ピポン!!と鳴らしてくる。
その音に混じって、
「ウッ、ンーッ!ウッ、ンーッ!」って感じで、奴のうめき声も聴こえる。
心臓が一瞬とまって、物凄い勢い脈打ち始めた。
さらにガクガク震えながら息を潜めていた。
メキメキと音を立てて、少ずつ扉が壊れていくようだ。
それを見て、恐怖で、失神する。
その時だった。
「破ぁ!!」
と子供とは別の鋭い叫び声が聞こえ、玄関の隙間から青白い光が漏れている。
その光が終わると、ドアを叩く音と、奇妙な呻き声はもう聞こえなくなっていた。
「ふぅ、これでもう安心だ また町を観察するといい。ついでに、扉も治しといた」
と玄関越しに呟くこの声は、バイト先の先輩で、寺生まれのTさんだった。
呆気に取られ、まだ震えながらアイロンを握っていた。すると、それを見透かしてか、
Tさんは「あまり夜更かしはするなよ」と小気味良く言って、足音を響かせて去っていった。
寺生まれってスゲェ・・・久しぶりにそう思った。
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -