勇者「冒険の書が完結しない」 H

169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:31:36.11 ID:cK6dvDWr0
【寝室】

勇者「…………」

勇者(この世界は誰かが創ったものだ。それはいわゆる神とか創造主とか、通俗的で漠然としたものじゃない)

勇者(何者かは分からない。どこにいるのかも分からない。もちろん目的だって分からない)

勇者(ただ、オレみたいな『駒』なんかでは抗えないような強固なルールを敷いている)

勇者(魔王を倒す……つまりこの世界での最後の役割が果たされると、強制的に『終わる』)

勇者(終わったあとは……最後に冒険の書に記録した時点からの、再スタートになってしまう)

勇者(この事実に気がついているのは、おそらくこの世界でオレだけだ。なぜか。……いや今はそんなことはいい)

勇者(オレしか気がついてないなら、オレが何とかしなければならない。世界を真の平和に導くために)

勇者(しかし……どうやって……明日だって何をすればいいのか、まだ見通しもついていない……)

勇者(もう一度魔王と戦って……何が得られるのか……)

勇者(とりあえず明日考えよう……今は眠って頭をすっきりさせないと……)

勇者「…………」

勇者(…………)

勇者(眠れない)


174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:35:52.58 ID:cK6dvDWr0
【宿屋・別室】

僧侶「スー スー 」

勇者(よく眠っているな)

勇者(僧侶はいつもオレのことを気にかけてくれるんだよな)

勇者(そしていつもオレのことを勇者「様」だなんて呼んでるけど)

勇者(オレはそんな大層な器じゃない。現にこの世界一つ救えてないからな)

僧侶「……ん……勇者様……」

勇者(!)

勇者(ど、どんな夢見てるんだろうな!)

僧侶「スー スー 」

勇者(……)

勇者(そういえば僧侶のキーワードだった『100回』……いや96回って何の数だったんだろう)

勇者(オレが一緒に数えてるかと思ったとか言ってたけど)

勇者(オレと僧侶が一緒に数えられて、かつ今まででそのくらいの回数のものといったら……)

勇者(思いつかないな! ……まあ……いいか別に……)


175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:37:56.26 ID:cK6dvDWr0
【宿屋・待合室】

勇者「んっ?」

賢者「勇者さん。まだ起きてらしたんですね」

勇者「賢者の方こそ。こんな時間まで何をやっているんだ」

賢者「冒険の書について考えていました」

勇者「えっ?」

賢者「いえ。勇者さんをそこまで憔悴させるという難題に興味がわきまして」

勇者「そうか。でも賢者は一度もループを体験していないはずなのに、考察できるのか?」

賢者「もちろん全て想定です。勇者さんの話を鵜呑みにした上で考え込んでいました」

勇者「そうか。で、塩梅はどうだ?」

賢者「……私の考えですと、勇者さんの言うループから解放されるには」

賢者「やはりカギであるその冒険の書を、『完結』させるか『消す』かのどちらかしかないと思います。そして」

賢者「未だそのどちらも、具体的な方法が思いつきません。やはり難しい。役に立たず申し訳ありません」

勇者「とんでもない。一緒になって考えてくれるだけでも心強いよ」

賢者「そう言ってくださると幸いです」


181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:40:06.47 ID:cK6dvDWr0
賢者「ただ、極めて個人的な意見ですが、冒険の書を『消す』方法が正解であることが望ましいですね」

勇者「なぜ?」

賢者「シャクだからですよ。高みから定められた運命のままに流されるなど、我慢なりません」

賢者「相手はあるいは万物の神かも分かりませんが、少なくとも冒険の書というギミックに関しては一矢報いたいところです」

勇者「はは。賢者は冷静に見えて、結構根に持つタイプなんだな」

賢者「それはあなたも同じではないですか? 勇者さん」

勇者「ああその通りだ。オレもどちらかといえば、冒険の書を『呪縛』ととっている」

勇者「何度も何度も同じこと繰り返す羽目になって、いったい何人の」

勇者「何人の仲間たちと別れざるを得なかったというんだ」

賢者「……」

勇者「冒険の書は、『消す』。まずはその方針で思いつく限りの総当たりをかけてみよう」

賢者「はい、私もできる限りの助力に努めます。何かあったらいつでもご相談を。……では、私はそろそろ眠ります」

勇者「賢者。お前なりの気遣い、確かに受け取った。ありがとうな」

賢者「別に私はただ。……いえ」

賢者「どういたしまして。おやすみなさい、勇者さん」


188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:44:19.25 ID:cK6dvDWr0
【町の外】

戦士「ふんっ! ふんっ!」

勇者「どこにもいないと思ったら、こういうことだったのか」

戦士「ぬっくせもの!」

勇者「うわっ! バカ、オレだ!」

戦士「ぬううこやつできる! ん、待て今の声は!」

勇者「お前な。決戦前ぐらいしっかり休んでろよ」

戦士「おい! 勇者じゃねーか! おい!」

勇者「だから筋肉痛になったり風邪引いたり寝不足になったりするんだよバカ」

戦士「いやー明日がついに最終決戦だと思うと、身体を動かさずにはいられなくてな!」

勇者「気持ちは分からんでもないが、お袋に孝行してやりたいんだろ? なら、なおさら無理をしちゃダメだ」

戦士「そうか……そうだな! なら寝るか! あと少し魔物を倒したらな!」

勇者「しょうがない熱血バカめ。……行くぞ。少しだけ付き合ってやる」

戦士「お? おおう! それでこそ俺の認めた男!」

勇者(身体動かしたら、少しは寝つきもよくなるだろ。それにしても戦士のヤツめ、なかなか憎めないぜ)


194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:46:41.60 ID:JnyjBXae0
これが原因だったのかw


199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:51:44.66 ID:cK6dvDWr0
戦士「出たぞスライムだ!」

勇者「あいよ」

戦士「わらわら出やがってこの! 一撃! この!」

勇者「戦士うしろだ」

戦士「痛っ! この! 跳ね回りやがって! そらカウンターだ!」

勇者(昔はこんなスライム集団にも苦戦させられていたな……)

戦士「勇者! スライムは飛び上がっているときが絶好のチャンスだ! この!」

勇者(そうそう、戦士がそれを教えてくれるまでは、ただがむしゃらに追いかけてたな)

戦士「どりゃ! どりゃ!」

勇者(スライムは飛び上がっているときが無防備だから、その瞬間を見定めれば……)

勇者「…………」

戦士「魔物の群れを! やっつけたぜ! よし次行こうか!」

戦士「ん? どうした勇者! この調子でレベル上げるぞ!」

勇者「戦士」

勇者「お前のおかげで、この世界は救われるかもしれない」


201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:54:09.07 ID:cK6dvDWr0
【翌朝・王の間】

――

戦士「だーかーら! 今日は魔王を倒しに行くんじゃなかったのかー!?」

勇者「まー待て。これがうまくいけば魔王は倒しにいくさ」

賢者「勇者さん。その顔は何かつかみましたね」

勇者「ああ」

僧侶「えっ? 賢者さん? えっ?」

勇者「……」

勇者(スライムが一直線にピョンピョン飛び跳ねて、進んでいくイメージ)

勇者(スライムを冒険の書に見立てると、着地ごとに新しい記録を刻んでいく)

勇者(呪縛を解くために、オレはそのスライムを倒さなければならないが、とどまっているスライムをやっつけようとしても)

勇者(直前にいた場所に一歩引っ込められて倒せない。まあ厳密には違うが)

勇者(肝心なのは、スライムを確実に仕留めるには、飛び跳ねている瞬間を攻撃すればいいということ)

勇者「王様」

勇者「冒険の書に記録をお願いします」


205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 03:56:14.10 ID:cK6dvDWr0
王「そなたらの たびのせいかを この ぼうけんのしょに きろくしても よいかな?」

勇者「はい」

王「 」

勇者「ここだ」

ゆうしゃは メラを となえた! ▼

冒険の書は 跡形もなく燃えつきた!!

王「のわっち!!」

兵士「何をする!!」

勇者「王様。冒険の書を記録をお願いします」

王「ぼ、冒険の書? なんじゃそれは! ワシはそんなものは知らぬぞ!」

勇者「王様、まだ魔王は倒されていないのですよ。冒険の書の記録をお願いします」

王「わ、訳の分からぬことを言うない! それよりいきなりメラを放つとはワシが何かしたか!?」

勇者「……あの時のように世界が狂ったりしない」

勇者「冒険の書という概念が存在しなくなったからだ」

勇者「……多分、これが唯一ループを脱出する方法だったんだ……」

勇者「冒険の書が完結しない」 Iへ続く
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -